ユーチューブの使い方

ユーチューブのアップロード件数は1日2万件にもなります。
1日の総視聴回数も1500万回以上と圧倒的な規模を誇ります。
もちろん、日本語のユーチューブも多数あります。
ユーチューブ動画には固有のURLが割り振られていて、自分のブログなどにプレーヤーごと埋め込んで引用するためのHTMLソースも用意されています。
英語版のため、日本語での検索も可能ですが、アルファベットやローマ字のほうが日本語よりもヒット数が多くなります。
大量のムービーがアップロードされているため、キーワードやタグによる検索ではヒット数が多くなりすぎてどれをみればいいか迷ってしまうこともあります。
そんなときはほかのユーザーの動向を判断基準にすることができます。
検索結果の上部に表示されているView CountやRatingをクリックすればアクセス数やほかのユーザーからの評価で検索結果をソートしてくれます。
ユーチューブはSNSの一種なのでユーザー登録で自分のページを作成することができて同じ興味を持つユーザーと交流することができます。
動画を共有したり、掲示板を使って意見交換もできます。
ユーチューブ動画は誰でも視聴できますが、アップロードはユーザー登録が必要です。
ユーチューブへの登録はサインアップでメールアドレスやユーザー名、誕生日などを入力するだけでOKです。
自分専用のお気に入りページで気になった動画を管理できるので便利です。
posted by ユーチューブ日本語マン at 14:10 | ユーチューブ日本語

ユーチューブ 日本語 ユーチューブ日本語

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。